FC2ブログ
プロフィール

なおこ

Author:なおこ
踊りや音楽に喜びを感じる
猫と三度のご飯が大好き

好きな本
ニール・ドナルド・ウォルシュ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろねこ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台の魔法

3年前に役を首になって劇団を去ったとき
直感がわたしに「再び舞台に立つのは3年後くらいになるだろう」
と言ってきた。

それから3年
わたしは再び板の上にいました。

なんでまた舞台に立つことを望むのか
皆目分からなかった

疲れるし、こわいし
第一、わたしが何かまた約束を破るんじゃないかっていうことがすっごく怖い

最近、世界がどんどん変わってきているのを感じる。
と同時に、舞台に押し戻されているのも感じる。

芝居をするのも、
自分以外の何者かになりたくてしていた気がする。
でももし、自分自身になれたなら、
何者にもならなくていいのかもしれない。

どうして舞台に立つのか
考える機会が多かったこのごろ

罵倒されても回りに理解が無くても
金銭的に困難なことがあっても
やめる理由にはならない

まして自信が無いとか
才能が無いとか
もっと理由にはならない

だってこの世界では
自分の内側を表出して
表現して経験するゲームしか行われていない

ゲームをやめるやめないは
わたしに選択肢はない
ここに存在してる時点で
もうコミットしているんだから

やめるって選択肢を仮に選択したら
わたしの人生はとても悲惨
表現したい欲求と
舞台があるからこそ昇華されやすかった悲惨さに
埋もれていってしまうから

全てに意味があるとしたら

いままで起こったことにも
悲惨さにも
わたし自身の存在にも
意味があるとしたら

わたしの全てを懸けて
世界に魔法をかけよう
スポンサーサイト

Comment

No title

すばらしい 舞台をありがとう!!


感謝!!!

スピカさん

こちらこそありがとう!!


客席からの愛のエネルギーに、心から感謝☆☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。